品川区

品川区内の起業家・スタートアップを応援し、最新情報を発信 SHINAGAWAism 品川区スタートアップナビ

「五反田バレーアクセラレーションプログラム」Demo Day ~プログラムの総仕上げ! VCを前にスタートアップ18社がピッチ形式で事業をプレゼン

イベントレポート 2021.5.6

「五反田バレーアクセラレーションプログラム」Demo Day ~プログラムの総仕上げ! VCを前にスタートアップ18社がピッチ形式で事業をプレゼン

開催日

2021年03月17日

17:00~20:00

会場

オンライン

参加費

無料

詳細

“スタートアップの急成長に向けて”をテーマとして、2020年9月から2021年3月まで約7ヵ月間にわたって実施された「五反田バレーアクセラレーションプログラム」。品川区が開催したもので、急成長を目指す起業間もないIT事業者や起業準備中の21の事業者が参加して、スタートアップのスケールに必要な知識・ノウハウを習得する研修や、ビジネスプランの強化に向けた個別メンタリングなどを行ってきました。今回は、2021年3月17日に開催された、総仕上げともいえるDemo Dayの様子を紹介します。

登壇スタートアップ18社とVC・事業会社とのビジネスマッチング

Demo Dayの会場となったのは、本アクセラレーションプログラムの連携パートナー企業である、TUNNEL TOKYO(トンネル東京)のオープンラウンジ。高さ3mの大型LEDビジョンが印象的な近未来的空間です。ここで、高校生から60代までの多様なスタートアップの起業家18人が登壇し、ベンチャーキャピタル(VC)や大手企業を前にして、1社5分で事業プレゼンテーションが行われました。また、Zoomによるライブ配信も行われ、オンライン視聴をするVC、事業会社ともイベント終了後のアンケートを介して、後日マッチングが行われます。

TUNNEL TOKYOのオープンラウンジで開催

登壇者は皆、プログラムによるメンタリング等を通じて、事業アイデアとコンセプトをブラッシュアップさせており、見込み市場の分析や独自のビジネスモデルを披露。「ヴァーチャル旅行」「VRショッピング体験」「次世代モバイルオーダー」「ティーン向け匿名SNS」「AI査定」「AIデータプラットフォーム」「血流カメラ」など、ITベンチャーならではのキャッチーなフレーズが飛び交います。

ほとんどが製品やサービスのβ版を含むリリースやPoCまでいっており、すでにクライアント企業を有し、さらなる販路拡大を目指すスタートアップも見受けられました。それぞれの方法で自社の強みをアピールし、具体的な資金調達額を提示したり、実証実験のパートナー企業を求める声も。

プログラム受講者による熱のこもったプレゼンテーション

ピッチ終了後には、そのまま会場で交流会を開催。改めて、登壇者たちがVCや企業の投資担当者のもとへ行き、名刺交換や歓談が行われ、また、スタートアップ同士でも互いのサービスを画面で見せ合うなどの交流が見られました。

Creww株式会社 伊地知社長による総評

V Cや大手企業との活発な交流が行われた

品川区 久保田地域振興部長による閉会の挨拶

執筆者

取材ライター

久保田 かおる

インタビューはリラックスムードで楽しく。原稿では、難しいことも分かりやすく伝えるのがモットーです。

TOP